あの大きな地震から今日で1年です。
亡くなられた方々のご冥福をお祈りするとともに、未だ不自由な生活を余儀なくされている地域の方々の日常が1日も早く戻ってきますように心からエールを送ります。

生まれて初めて命の危険を感じた揺れ。
一夜明けてからの混乱と被害の全容。余震。
前震の日は子どもたちが寝付いた直後。両脇に寝ていた息子1号と2号を守り、隣の部屋に寝ていた娘の名前を叫ぶ。このとき相方は自宅から1時間離れた会社にいました。高速が止まっているから下道で帰ると。かかる時間は高速の倍。道がどうなってるか想像もつかないから帰って来なくていいよと言ったけど、何時間もかけて帰ってきてくれました。やっぱりホッとしました。
被害のおおきい県北の実家に電話がつながらない!LINEならイケるとの情報をもらい実家に住む弟に連絡。安否を確認。
ほとんど眠れないまま朝を迎え、何回も来る余震に眠れない日々が続きました。

こちら県南は大きく揺れたものの被害はほとんどなく、翌日から通常通りに学校も幼稚園もありました。時々余震があり、高速道路が寸断していたためにスーパーで物資不足になりましたが生活はできていました。

避難所や車中泊を続ける人々の様子をテレビで観るたびに、申し訳ない気持ちが募り無意識に泣く日がありました。

車で1時間走ると景色が違いました。
ブルーシートの屋根、傾いた家、崩れた家、波打つ道路、落ちた橋、そして熊本城…
新婚当時住んでいたアパートには赤い紙が貼られていました。相方と呆然としました。

1年で復興したようにも見えるかもしれません。
でもまだまだなんです。
もっといろんな支援が必要です。
お金?マンパワー?なに?なにが必要?なにができる?
私に何ができるか考え次の1年に向かって行動しようと思います。






[PR]
娘が中学生になりました。
身長も160cm。
他の新入生と並んでも大きい方でしたよ。

仲良しと同じクラスになれて嬉しかったみたい。

さぁ。
色々悩め!楽しめ!

[PR]
# by puchi-toy | 2017-04-11 21:49 | 子ども
ここに来るのいつぶりでしょうか。
すっかりfacebookに逃げておりました。

娘、中学生になります。身長は160cmを超えまだまだ伸び盛り。
息子1号、3年生になります。この子は、うーん、なんというか、あまり変化のない子。地味に成長中。
息子2号、いよいよ年長さん。相変わらずのおしゃべりチャラ男。

とまぁ、幼、小、中のトリプル年度がスタートします。老体に鞭打って、若いママたちに紛れて頑張ります!!

[PR]
# by puchi-toy | 2017-04-03 19:24 | 子ども
こちらは余震がありながらもライフラインは正常で、日常と変わりない生活を送っています。子ども達も学校や幼稚園に通えています。ただ水がどこにも売ってなくて、店の品物も入ってこない状態ではありますが、カップ麺やお茶などはまだ十分買えます。空腹ではありません。給食もあります。
ここから北に1時間移動したら全く違う景色となります。学校も市内全て休校、余震の回数も多いです。未だ車中泊の人もたくさんいます。

日常でいることが苦しいです。
本音です。
同じ県内のことなのに報道を観るのがツラい。

SNSを見ていると救援物資の格差を感じます。給水車も。
不自由な生活を送っているみなさんに偏りなく充分な物資が届きますように。山側、海側、街中、満遍なく行き渡りますように。
[PR]
同じ熊本でもこんなにも被害が異なるのかと、ニュースを観て感じています。
こちら県南は学校、幼稚園、保育園、通常通りです。
まだまだ余震も続いていて気持ちが落ち着きません。
県央、県北に住む親戚、友人とも連絡がとれ無事が確認できました。近県の友人も無事で安心しました。
これ以上被害が拡がりませんように。

亡くなった方々のご冥福をお祈りします。
また、避難されている方々に充分な物資が届きますように。そして一日も早く元の生活に戻れますように。
[PR]